「ほっ」と。キャンペーン

’’アン・ディス’’日記 megamino.exblog.jp

Never Feel トータルヒーリングスタジオ アン・ディスの日記☆


by frangipanized
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

撮影日和 2日目

本日もアンディスにて撮影が行なわれました。

c0161277_10105243.jpg


今日は、宴会ヴァージョン。
飲みながら、食べながらの、除霊、憑依の実体験、質疑応答・・・etc

INTUTION 主宰 澤野さんが投げかける質問から発展した話は、
時間と共にどんどん濃い内容になっていきます。

そして、クライマックスの瞬間が訪れました。
『真のアセンションとは・・・』
それは、参加者の方々、撮影部隊の方々、その場にいた皆に熱い感情が流れるような、
劇的な瞬間でした。
『自分の人生を楽しんで、満喫して、めいっぱい生きるぞ!』という気力が、
お腹の底から沸いてくるような、貴重な瞬間・・・
この迫力はDVDからも伝わると思います。

そして、最後に林 先生の”指ぱっちん”のシーンを収録し、撮影終了です。

c0161277_10112926.jpg


終了後は、そこにいる皆が一つになったような、
大切な共同作業を一緒に成し遂げたような充実感に満ちていました。

自分が情熱を注げるものづくり。
これはいい、と思えたものに情熱を注ぐことの楽しさ。
それらを私もちょこっとおすそ分けして頂いたような2日間でした。

とても面白いDVDに仕上がると思います☆
ほぼノーカットで仕上げるということです。

DVDは、神保町の書泉グランデ4階のINTUTIONコーナーにて、
1月後半から販売されるそうです。

(詳細が決まりましたら、あらためてお知らせしたいと思います。)

皆様、お疲れ様でした!
二日間、本当にありがとうございました☆
[PR]
by frangipanized | 2008-12-28 20:55

撮影日和 1日目

本日は、来年販売される林 先生のDVDの撮影が行なわれました。
場所は、アンディス。

除霊セッションの収録と、
波動装置についての簡単な説明の収録です。

ハイビジョン対応の本格機材が囲む中、撮影は順調に進められました。

c0161277_17503225.jpg


c0161277_17505981.jpg


c0161277_17544412.jpg


c0161277_17514775.jpg


c0161277_1752679.jpg


林 先生は、『慣れてますね・・・』と参加者の方に声をかけられていましたが、
録画映像をみたところ、
いつもどおりの除霊風景がおさめられたようです。

間近で見る撮影部隊の方々の労力は、本当にすごいものです☆

皆様、お疲れ様でした!

明日は、また別ヴァージョンの撮影が行なわれます。
[PR]
by frangipanized | 2008-12-27 17:56

オーディオ機器の到着

そして昨日は、アンディスに新しいオーディオ機器がまたまた到着しました。
熱狂的なファン、マニアがいると言われている、アンプです。

c0161277_2481710.jpg


こちらの音は・・・
文字通りに、身体がしびれました。
これは初めての経験です。

チャクラが震えているような、
エネルギーが背中を駆け上がっていくような高揚感。
と同時に全身の力が抜けて、一気にリラックスします。
男性ヴォーカルの甘い歌声が、まるで媚薬のように、全身に効いてきます。

これは、是非一人でも多くの方に聞いて頂きたい音だな、と思いました。
興奮、高揚感を感じると同時に深いリラックス感がやってくる、特別な体験です。

31日まで、通常のセッションの他にも、
個人セッションが数件、年末WS、来年販売される林 先生のDVDの2日間をかけた撮影、
とノンストップで予定が入っていますが、
そこでいらっしゃるお客様には、是非楽しんでほしいと思う音です。

もう一度聞きたい!と切に願ってしまうような音。
この日は完全ノックアウトでした。

音の力はやはり凄いですね。

そしてアーティストの歌声も。
人気があるアーティストとは、それだけの魅力や魔力を持っているのだな、と改めて思います。
より良いオーディオで聞くと、さらにそれが増幅します。
滲み出てくる色気や魅力に、
その向こうにある人間性もきっと深みがあり、魅力的なのだろうな、と思ってしまいます。

今後いらっしゃる機会がある皆様は、どうぞ楽しみにしていてください!
[PR]
by frangipanized | 2008-12-24 12:54 | 音楽
一昨日は、オーディオチームの打合せでした。

この日の午前中に、アンディスにオーディオチームで制作したスピーカーが届きました。

c0161277_137286.jpg


日本製の桐1枚からつくられた貴重な作品です。

お昼には、その製作者である家具職人の方と、
以前もたびたびブログに登場している、電源システム製作者のKさんが到着。

近くのSAMRATのインドカレーをテイクアウトして、
ランチしながらの試聴会です。

c0161277_139158.jpg


さてさて音は・・・?

なかなか良いです。
ヴァイオリンの音色が心地よく聞こえます。
チームの自作と思うと、つい耳びいきしたくなります(笑)

ですが、ピアノのCDにチェンジすると、
音にほんの少し濁りが感じられ、音が箱に反射して、
一音一音が明瞭には聞こえない印象でした。

『これは、スピーカーユニットを変えたらもっと良くなるよ』
という林 先生の判断により、
アンディスに置いてある、他のスピーカーユニットに交換。

先ほどのピアノのCDをかけると、
音がより澄んで、一音一音がより明瞭になりました。
相性はばっちりです。
『このクオリティだったら商品として売れるね。』

c0161277_1394662.jpg


そしてその後3人はスピーカーを持って、秋葉原の某音響機器販売会社へ。
高額なオーディオ機器を扱っている、オーディオマニアの間では有名な会社です。

この日は仕事があり、私は同席できなかったのですが、
会社の人にも大変気に入って頂けたようで、そこでの販売が決まりました。

『全体としては60点。音としては70点。』
林 先生としては、まだまだ改善の余地があるようです。

蒔いた種から果実が実り、花が開く日は来るのでしょうか?
オーディオチームの作品づくりはまだまだ続きます。
[PR]
by frangipanized | 2008-12-24 12:20 | 音楽

サイキック・ウォーズ 4

間に様々なブログが入り、とびとびになってしまいましたが・・・

サイキック・ウォーズのつづきを・・・

彼女と母親のコードを切る作業。
それは彼女とお化けのコードを切る作業を意味します。

その作業を進めていると、早速彼女の母親から電話が入ります。
彼女が電話に出ると、有無を言わさずに彼女を責め立てる怒鳴り声が、
傍にいる私にまで聞こえてきます。
連日続いている母親とのこういったやりとりに、
彼女はぐったりとしていますが、

『お化けが止めさせようとして、必死だね』

林先生は余裕な表情で装置を動かしています。

数値から追っていくと、彼女は90%の割合で、霊障を受けている。

大物の霊がついている場合は、それが仲間を引き寄せるので、
浮遊霊、地縛霊の影響なども含めて、
90%の割合で受けてしまっていることがわかりました。

まずは、浮遊霊や地縛霊などの
影響力が比較的小さい、林先生が言うところの『雑魚』を切り離していきます。

それと共に、
徐々に全ての根源である大物が姿を現してきました。
どうやら彼女の未成仏の祖父と伯父さんは、この大物にとりつかれて、
苦しんでいるようです。

調整を続けていくと、
『うわっ。変な匂いがし始めたよ・・・』
部屋全体、そして周辺の部屋にまで酸っぱいような不快な匂いがし始めました。

『こんな匂いを再現させるなんて、これは相当の大物だね・・・』

匂いとともに漂う不穏な空気に、これはただごとじゃないんだな、と
嫌な予感が・・・

そんな予感はこの後、見事に的中するのでした。
[PR]
by frangipanized | 2008-12-15 21:56

サイキック・ウォーズ 3

普通の除霊は、サイキック・ウォーズ2のように、
未成仏のご先祖様、地縛霊、浮遊霊等を成仏するところまで導いたら、一件落着となります。

林先生の公開除霊ワークショップに同席しておりますが、
今までほぼ全員の方が除霊と浄霊でその場で楽になり、その後の人生を、
新しい希望とともに歩まれています。

ですが、彼女に関しては個人セッションの枠を超えるほどの大物お化けが関わっている、
かなり特殊なケースでした。

個人セッション前日、参考に持っていこうと、家の写真、家族の写真を撮っていたところ、
家族、特に母親の反発がもの凄く、
写真撮影を止めさせようと、怒声と共に彼女を追いかけてくる常軌を逸した行動や、
怒りに満ちた表情から、
彼女自身、”やはりおかしい。これは母親の本当の姿ではない”と思ったそうです。

また彼女の親類には、原因がわからない病気で亡くなる方や、
突然、不幸になってしまう方、うつ病の方、
結婚しても子宝に恵まれない方が多く、
また若いうちに亡くなられた方もいる、とのことでした。

林先生によると、
彼女の母親に大物のお化けがついてしまっているとのこと、
そしてその大物のお化けは、代々彼女の親類一族に祟っていて、
一族を絶えさせようとしているお化け、とのことでした。

あまりにもひどい霊障のため、これは家族全員と家全体の除霊、浄霊、浄化
を行なう必要があることを、林 先生に伝えられた彼女は、
しばらく、事の重大さに呆然としていました。

ですが徐々に不幸になっていく家族、親類の様子を十分知っており、
『たとえ自分の全財産を費やしてでも、この不幸を終わりにしなければ・・・』
と覚悟を決めたようでした。

そして全ての浄化を林 先生に委ねました。

まずは、彼女の母親と彼女とのコードを
切るところから始まりました。
それはお化けと彼女のコードを切る作業です。

彼女は母親とのコードを切ることに、罪悪感を感じ躊躇していましたが、
『まずは、自分がその状況から抜け出さなければ、大事な人も救えないよ』
という林 先生の言葉に、黙ってうなずき、セッションは進められていきました。(つづく)
[PR]
by frangipanized | 2008-12-12 22:55

サイキック・ウォーズ 2

4月の終わり頃、アンディスがオープンする前のことです。

久しぶりに会った友人が、とてもきつい状況に陥っており、
どうにもこうにも自力で前に進めなくなっているのを見て、
何かおかしい、と違和感を感じました。
表情も精彩を欠き、いつもの笑顔も消えています。

その変貌ぶりがあまりにも強烈だったので、
林先生に相談したところ、おそらくひどい霊障であろう、ということ、
そして個人セッションを引き受けて下さる、とのことでした。

彼女も是非お願いしたいとのことだったので、
早速次の日、二人でセッションに臨みました。

当日も彼女はボーっとしていて、辛うじて微笑んでいますが、
希望を失ってしまっているような、あきらめかけているような、力のない笑顔です。
『もう、いいの・・・疲れちゃった・・・』

波動装置を動かし始めると、チャクラのエネルギー値は、全体的にかなり低く、
ハートの部分にいたっては、枯れ果てているような状態になっています。

『疲れてるね~。これじゃあ、きつくてたまらないね』

調整を続けていくと、変貌の原因が徐々に明らかになってきました。

まずは、数年前に亡くなった彼女の祖父が、残してきた家族を心配するあまり、
成仏できていないことが判りました。
同時期に亡くなった彼女の伯父さんと共に。

そしてそんな未成仏という弱みにつけこむように他の未成仏の霊が
集まってきてしまい、彼女の実家は、浮遊霊、地縛霊、その他の霊のたまり場のように
なってしまっていること。

その影響は、家族で最も敏感な彼女に集中していることがわかってきました。
エネルギーを吸い取られるだけ吸い取られているような状態だそうです。

そういった諸々の霊の除霊&浄霊をしていくと、
段々と問題の核心に近づいてきます。

そして彼女の祖父と伯父さんが成仏しなかったもう一つの大きな理由が
ついに明らかになりました。

それは彼女の家系にまつわるものでした。(つづく)

[PR]
by frangipanized | 2008-12-10 23:54

サイキック・ウォーズ 1

先日、個人セッションが行なわれました。

その男性には、強力なお化けが憑いていました。

普段から林先生とメールや電話で連絡を取り合い、
お付き合いしている方なのですが、
ここしばらくの間、林先生がメールを送っても返事がなく、
電話もつながりませんでした。
その話を伺い、私も違和感を感じていました。

後からわかったのですが、林先生が数回送ったはずのメールは届いておらず、
電話も着信履歴に残っておらず、
また男性から先生にかけた電話もつながらず、二人の間の縁がぷつんと
切れているような状態が続いていたのでした。

当日、約束の時間近くになり、インターフォンを横目で見ながら
お待ちしていたのですが、
ご本人は3回鳴らしてくださったらしいのですが、
林先生も私も聞こえたのは、1回。
ずっと気にしていたので、聞きもらすことはないと思うのですが・・・

そうしてやっと再会できたその方は、見るからに辛そうな表情をされ、
ここしばらくの間の様々な出来事で、憔悴している様子でした。

では、早速・・・とセッションが始まりました。

消耗している分、各チャクラのエネルギー値はかなり低く、まずはそこを満たしていきます。

そして林先生いわく『雑魚』のお化け退治。
影響力の小さいものから取り除いていきます。
憑いているお化けを取り除いたら、今度は成仏するところまで導いていきます。
除霊&浄霊です。

それが終わると、いよいよ一番の大物の登場です。
ハートの奥になりを潜めていたものが、波動調整にたえきれず、表に出てきます。
部屋の空気はさらに重~く、さきほどとはまるで別の部屋のようです。

その段階になると、波動装置に置いているその方の右腕から手にかけて震えがとまりません。
非常に細かい痙攣です。
故意にしようとしてもあれほど小刻みに、ずっと震え続けることは無理という、
不気味な動きでした。

その方は敏感で、自分のすぐ右隣に黒いものがいて、
『何してるんだよ・・・』と脅すように自分をじっと見ている・・・と
気づいています。

また、以前その方から頂いた花瓶が突然倒れて割れてしまったり、
今までのセッションの中でもかなり強力なほうのお化けでしたが、
林先生の技術と波動装置とで、2時間かけたセッションで除霊&浄霊し、
無事全てをクリアにすることができました。

また除霊&浄霊し、クリアになったところで、運気自体はUPしないから、
と今度は良縁を引き寄せる調整をし、
現在その方が経営している会社や人間関係に良縁がもたらされる波動調整
もしていきます。

調整が全て終わると、来た時とは全く違う表情になり、
『いや楽だな~。スッキリした。重たかったまぶたの腫れがひいて、
視界が晴れましたよ。今までは何だったんだろう?・・・
明日から頑張ろう!と思えます。全てが上手くような気がしてきた!』
と本来の明るさや素直な表情を取り戻していました。

『凄かったね~。腕がしびれたよ』と林先生も安堵の表情に。

『そんなに強力でしたか?』

『うん。凄かったよ。でもね、以前にもっともっと凄いのもいたよ。』

『もっと凄いの・・・それはなんでそんなに強力だったんですか?』

『生きている時は、相当力のあった能力者だったからだよ。』

『それじゃあ、まるでサイキック戦争ですね。』

『そう。生きているものが勝つか、死んだ者が勝つか、のサイキック能力合戦。
波動装置も次々壊れたしね。1週間も続いたよ・・・』

それは超がつくほど強力なお化けとの戦い。

私もその場に居合わせたのですが、本人の快諾を得ましたので、
こちらのブログでその模様をお伝えしようと思います。

あれは、今年の4月の終わりのことでした。


Never Feelトータルヒーリングスタジオ”アン・ディス”のホームページ→こちら

[PR]
by frangipanized | 2008-12-09 13:13

小さないのち 

昨日はアンディスにて公開除霊ワークショップでした。

最近、その数が増えているのですが、昨日も二人ほど小さなお子様の除霊がありました。

とってもかわいらしく愛らしい風貌。
この小さな身体のどこにそんなものが・・・?
と思ってしまいますが、
波動装置を使って調整していくと、
小さな身体に影響を与えている様々なものが出てくるのですね・・・

生まれて間もない子供たち。

大人のようにはっきりと自覚し、それを言葉で表現できるわけではないので、
様々な症状として現れてくるようです。

夜泣きやとてもよく動き回ること、など。

でも、それは多くの子供が起こす行動であり、それが霊的な影響かどうか
判断が難しいところですよね・・・

公開除霊ワークショップにお子様といらっしゃる方々は、
ご自身が除霊ワークショップを経験していて、
なんとなく、お子さんのこの症状はおかしいんじゃないか?
という直感を頼りにいらっしゃる方や、
ご友人の紹介で、『行った方がいいよ』と薦められた、というケースがほとんどです。

林先生は子供大好きなので、
子供に話しかけながら、波動装置をしっかり操作しています。

除霊が終わると、その直後に大人しくなるケースも多く見られます。

子供のうちに調整すると、持っている運気が開けていくだけでなく、
頭がすっきりと冴えて、記憶力が良くなることが多いそうです。
そして、除霊後、『うちの子は、天才だったんです♪』
とご報告下さる方もいます。

まだまだこれから始まる子供の未来や可能性が、
のびのびと開けていきますように・・・

もちろん、大人も!


Never Feelトータルヒーリングスタジオ”アン・ディス”のホームページ→こちら

[PR]
by frangipanized | 2008-12-01 12:45 | 除霊