’’アン・ディス’’日記 megamino.exblog.jp

Never Feel トータルヒーリングスタジオ アン・ディスの日記☆


by frangipanized
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

英語脳調整セッション

本日は英語脳調整セッションが行われました。
初の試みです。

興味深いことに、第1部の回は参加者全員が男性+中学生の女の子、
第2部の回は参加者全員が女性でした。

調整の前に、用意しておいた英語のCDを聞いて頂きます。
今日は、ハリー・ポッターの朗読のCDをご用意しました。
ブリティッシュ・イングリッシュのものです。

そして、一人ひとり個別に調整を始めます。

まずは、英語に対する苦手意識などが影響する”ひずみ”の調整から行います。

英語に対する苦手意識、トラウマが大きい人ほど、そのひずみは大きいものとなります。
この影響を調整しないと、ひずみ自体が英語習得の障壁になりますので、
まずはここを調整します。

ひずみの調整をした後、今度は英語の次元とつなげていきます。
英語の次元は、日本語の次元とは全く違い、そこにはやはりギャップが存在するようです。
このギャップを感じなくてすむように、調整を行います。

そして最後に英語の周波数帯を転写して、調整は終了しました。

終了後、早速さきほどのCDを聞いて頂くと・・・

『おおっ・・・違う!!』 『聞きやすい。なんだこの違いは・・・』 
『英語を日本語に翻訳する作業なしに、理解できた』
『絵が見える』

などの感想が出ました。

第二部の参加者からも、
『苦手意識がなくなった』 『聞きやすい』 『違和感がなくなった』
『単語がはっきり聞き取れる』 『歌詞が聞き取れる!』

など皆さんに変化を感じて頂けたようです。

そして、
『家に帰ったら早速勉強をしよう!』
『もう1回ちゃんと聞いて、英語力を試してみよう!』
など自然と前向きな様子に変化しているようでした。

こちらの調整には、チャネリング調整も含まれてます。

つまり、チャネリング能力もプラスされて理解できる仕組みになっているので、
たとえ理解できない単語が含まれていても、 
全体の文脈をなぜか聞き取れてしまっている、
というとてもお得な調整なのです。
秘技です。

とっても好評なこちらのセッションは、公開除霊ワークショップで行うのは、
今日1回きりですが、
今後も個人セッション時にご希望を承ります。

言語習得には、かなり有利な調整だと思います。
そして、今日はいつにも増して、とっても楽しいセッションで、
笑いが絶えないセッションとなりました。

[PR]
by frangipanized | 2009-08-22 19:57 | 英語脳

それぞれの仕事の展開

アンディスにて、心から嬉しくなり、心が躍る瞬間は、
霊障から解放されたお客様の笑顔と、
それと元々はお客様であった方々の仕事の打ち合わせを見ている時です。

現在、林先生が参画している、
アクセサリーの打ち合わせ、オーディオ機器の打ち合わせ、
ホームページの打ち合わせ、エンターテイメントのプランニングなど
関連する皆さんが一堂に集まっている姿を見ると、それだけでわくわくします。

点と点が結ばれて一つの線となり、
それぞれが自分の能力を発揮できるスペースが出来上がっていく様子は、
見ていて本当にわくわくします。
皆さん一様に『楽しい!』『俄然、楽しくなってきた!』と言います。

それぞれがその分野のプロの方々であり、出来上がってくる作品は、
そのままお店に置ける立派な商品です。

その商品を携えて、林先生自らお店や会社に営業にいくこともあります。
林先生の人懐こい性格とターゲットを絞った綿密な戦略、
マニアの方々にも納得して頂ける商品の価値と希少性で、
置いて下さるお店もすんなりと決まります。

オーディオ機器は既に、マニアの方々の絶賛を頂いています。
以前もご紹介しましたKさんが商品を製作されています。

そして最近、アンディスにてコンサルタント業を受け持っております、
KGさんも新たにオーディオチームに参画されました。
KGさんは自社工場をお持ちであり、オーディオチームでできることの幅が広がりました。

さらに発展して、KGさんとKさんは新たな波動関連商品の製作も開始されています。

アクセサリーも目玉商品が一番最初に売れて、
林先生の目論見通り、順調に進んでいます。

と、見ていると可能性は限りないものだと感じます。
林先生はいとも簡単にあれもできる、これもできる、と
提案をして、それが次々と仕事として実になっていきます。

『不況だからこそできることがあり、チャンスがたくさんあるんだよ。』
コンサルタントでいつも言っている言葉が、各分野において着実に実現化しています。

ちょっとした壁を乗り越えるだけで、そこには想像を超えた素晴らしい景色が
広がっているものだな、と改めて感じます。
するか、しないか、の2つの小さな分かれ道が後に大きな違いを生むのだな、
と感じます。

[PR]
by frangipanized | 2009-08-22 10:36 | つれづれ

お盆2

今年のお盆は、霊的な影響を受けている方が多いようです。

この時期不調になられた方からのお問い合わせをたくさん頂いております。

身体の不調・・・倦怠感、腰の痛み、視界がかすむ、気分が落ち込む・・・
などの症状があります。

そして例年よりも、不調が続く時期が長いようです。

林先生曰く、世界的な不況も影響している、ということです。

不況の影響を受けている人の、不安感、恐れ、嫉妬・・・
その他のネガティブな想念が例年より多く存在し、
それがお化けと結びついている。

送り盆で、あの世へと成仏していくはずの未成仏霊が、
そのネガティブな想念にひっぱられて、成仏しにくくなっている。

そして送り盆で成仏できなかった未成仏霊が、生きている人にさらに影響を与える。

そんなネガティブなスパイラルができてしまっているようです。

昨日、日本に住んでいるアメリカ人の方々と話していた時も、
数人が、ここ数日は急に気分が落ち込み、とても奇妙だったよ、
と話しているのを聞きました。

終戦記念日、自然災害、不況etc様々な場面で命を落とされた方々の無念と、
生きている人のネガティブな想念とが結びついた結果、
その集合体(~お化けでもあり、生霊でもあるもの~)が、
生きている私たちに昨年の10倍ほどの影響を及ぼしているようです。

[PR]
by frangipanized | 2009-08-18 10:43 | 除霊
皆様、伊勢神宮ワークショップへのお申込み、誠に有難うございます。

今年は早くも予定しておりました定員に達しました。

たくさんのご応募、本当にありがとうございました!!

開催後、ワークショップの様子もこちらでご報告したいと思います。

[PR]
by frangipanized | 2009-08-11 19:58 | ワークショップ
c0161277_1442418.jpg


昨年、大変ご好評頂きました伊勢神宮特別ワークショップを今年も開催致します!

皆様ご存知のように、
伊勢神宮参拝の、その禊の効果は大変素晴らしいものがあります。

参道を歩を進めるだけでも、そこに流れる清々しく軽やかな空気と共に、
心身が清められていくのがわかり、それは本当に心地よい時間です。
訪れる度に特別な場所であることを感じます。

昨年の正式参拝の際には、
林 先生は突風と共に大きな光の玉が胸にドンとやってきたので、
それを横に並んだ参加者全員に行き渡るよう、
その場で振り分けたということを話していました。

一瞬倒れそうになるくらいの強いエネルギーだったと言います。
『みんな、ちゃんと感じた?』とフラフラしながら、
少し緊張気味の表情で話していたのが記憶に残っています。

伊勢神宮にて心身を清めた後に、伊勢神宮のエネルギーを更に心身に行き渡らせる、
運気向上、秘法公開、特別ワークショップを近くの会場で行います。
1年に1回、伊勢神宮でしか体験できない秘法が公開される特別ワークショップです。

今年は昨年よりもさらに充実した内容のワークショップになること、必至です。

今年にふさわしい新しい何かが起こる予感がします!

ピンと来た方は是非ご参加下さい。

(ワークショップ当日は終了後、近くにて食事会の予定、
翌日は、ご希望の方と一緒に内宮参拝後、ランチ、という予定がございます。)

≪伊勢神宮ワークショップ≫

日時 : 2009年10月4日(日) 13時~17時 
   (ワークショップ終了後、食事会もございます。ご希望の方はその旨、お伝え下さい。
    また次の日は内宮参拝後ランチ、という計画もございます。
    ご希望の方はその旨、お伝え下さい。)

場所 : 伊勢神宮 外宮 (詳細につきましては、ご参加者の皆様に後ほどご連絡します。)

参加資格 : 除霊ワークショップあるいは個人セッションに参加された経験がある方。

服装 : 伊勢神宮の正式参拝は、男性はスーツ、女性はワンピースやジャケット着用など、
     正装が求められます。各自、ご用意お願いいたします。

ワークショップ代金 : お1人様 7万円     

申し込み方法 : 以下のメールアドレスに、タイトルに『伊勢神宮WS希望』とご記入の上、
ご氏名、ご住所、ご連絡先、ご参加人数をお知らせ下さい。

info@unedeesse.sakura.ne.jp

皆様のご参加をお待ちしております☆

[PR]
by frangipanized | 2009-08-08 13:55 | ワークショップ